新商品

ビックリ感動サポーターの新タイプが出来ました!

こんにちは!

ニコニコダルマクラブのスタッフのしんぼです。

ビックリ感動サポーターの首・肩専用、手首専用タイプが出来ました!

今回のお便りにてご案内したばかりなんですが今日(月曜日)には早速の追加のご注文までいただきありがとうございます。

今回は新サポーターのご案内と私のビックリ体験小話を!自己紹介がてらお送りします。

和風ちりめん模様~♪ 2種類の色とタイプ!

Bkskubi3 首・肩専用

Bkstekubi3_2

手首専用

これまでの足首用の黒いタイプよりも幅が細くて見ての通り、とってもチャーミングになりました!

小さいながらもこれ1本でマイナスイオンは手首専用で最大3,000個、首用は最大9,000個放出しています。

これから夏などで半袖になっても両手首にしなくても片方だけでスポーツバンド感覚で使えるのでちょっとウキウキです。

私は左側のきいろタイプがお気に入りです^^

この頃、急に気温が下がったせいか先週は土日はお休みなんですが留守番電話とFAXにて慌ててご注文下さる方もいらっしゃいました。ありがとうございます。

私も先週は寒くて両手首に首に腰に足首に巻いて仕事をしておりました。(巻きすぎ?)

パソコンのモニターを長時間見ているので夜になると目がショボショボになり、うっかり、何もケアしないで夢中になって作業をしていると首や肩がゴリゴリになってきます。

冬ならば毎日、このビックリ感動サポーターを巻いているんですが暖かいとすっかり忘れてしまいます。bleah


私はニコニコダルマクラブのスタッフになる前から、このビックリ感動シリーズのマイナスイオンのビックリ感動シートを使っていました。初期の2枚組の物です。

私はニコニコダルマクラブのスタッフになる前、数年前に、事故に遭い病院から大量の薬をもらっていました。痛み止めから、安定剤、睡眠薬まで毎日数種類の薬を服用していました。

ちょうど私を育ててくれた祖父母が亡くなった後のことです。

生前は若い頃から毎日のように、薬を飲み続けているのだけども病気がよくならない祖父から「薬を止めれない」「薬がたぶん、よくないんだと思う」という言葉をよく耳にしており、「じゃあ、止めれば?」というと怖くて止められないといつも言っていました。

そのことを思いだし、自分もそうなっていることに気がつき、とてもショックでいました。

特に安定剤などの神経系の薬はいきなり止めると怖いと聞いていました。

一度、飲み出すと簡単に辞めることが出来ず、、、。



ですが飲んでいると薬にコントロールされている自分がいるのがよくわかりました。

周りの友達も氣を使ってくれているんだけども、それもとても辛く思えるほど、私は精神的に追い込まれていました。とても苦痛で仕方ありませんでした。

薬を飲んでない時の自分との違いは、今からすると毎日、目の前に見えない薄いフィルターがかかっているような感覚がありました。

神経系の薬を服用していて、薬を飲まなくなったことのある人なら、わかると思います。

この飲んでる時と飲んでない時の違い。今だから、こそ本当にわかります。

こんな状態ですから仕事は外回りの仕事を辞めて、昔からしていた仕事を活かして美容室や床屋さんで交互で仕事をさせてもらい、自宅でも頼まれれば、体調がいい時にエステの施術を行っていました。

不思議なことに人を元氣にしようとする仕事をすると私が元氣になっていくようでした。

ですが薬を止めることはすぐ出来ませんでした。そこで困っていたところ、ニコニコダルマクラブの石塚社長から、いろんなことを教えてもらっていました。

その時にこのマイナスイオンのシートを使用させてもらいました。

石塚社長に「そんな簡単に眠くなるはずないよ~」なんて笑いながら、いただいて帰ったのを覚えています(笑)

ですが、ベッドのシーツの下に敷いて、言われた通り、電気毛布もやめて・・・薬を少し減らしてみました。

なんと、その日の夜10時にはもう眠っていました。

それからいろんな方法を行って一年後には完全に薬が無くても眠れるようになりました。日中に服用する薬からも全て解放されました。

最初は眠る前に飲む薬を半分以下にして毎晩よく寝ました。当時は夜中に目が覚めて発作が起きることもありましたがそれもなくなりました。

道ばたで急に息が苦しくなり倒れて救急車で運ばれることも何度かありましたがそれもなくなりました。

(もちろん、このシートだけではなく、ありとあらゆることを実践しています)

まずは食事を全て自炊に。

買ってきたお総菜類、添加物が入っているもの加工食品を全て断ちましたが、過敏にならず、美味しく、楽しくいただくこと。

自分を見つめること。


自然の流れにそって暮らすこと。


人生を楽しむこと。

イソカワ治療院にも、お世話になりました。

当時は有名な先生のいるところにはどこに行っても治らなかったのにイソカワ先生のとこ
ろに行くとチャチャっとよくなるのです。

先生はよく

「私が治すんじゃないよ。患者さんが自分で自分の力で治るんだよ」

と言っておられました。

当時はその意味を頭では理解しても心では理解することが出来ていませんでした。

いまだに当時の私の姿を先生はからかっておっしゃいます。

「いっつも眠たそうで(起きているのに寝てるみたい)ふにゃふにゃだった」と。(笑)

今思うと、、、事実、生きてるのに死んでるような毎日でした。

自分の何かが死にかかっていると毎日思い過ごしていました。

周りからは仕事を辞めて、生活保護を受けて障害者手続きをしろとまで言われていたくらいです。

でも望みは捨てたくはありませんでした。

ほんの少しの可能性でもこの状況から脱出することを選びました。

まずは毎週通院の帰りに自分にお花を一本買うことから始めました。

植物は生命力に溢れています。

出来る限りの範囲でボランティアにも参加しました。生まれて初めてのことでした。

自分の真実の声に耳を澄ませて、したいことを出来る限りしました。

病気との闘いや事故のことでの戦いというよりは自分との勝負でした。

病気や世間を自分を責めるのでもなく。無我夢中で暮らしていました。

サプリメントも最初は飲めませんでした。よく吐きました。ですが体の中が入れ替わって行くと同時に自然と飲めるようになりました。

担当医もビックリで、嬉しくてお医者様にもシートを持って行って教えてしまいました(笑)happy01

当時、猫を二匹飼ってたのですが洋服や布団が毛だらけになるので猫は寝室には入れませんでした。

猫もいつも自分のお気に入りの場所で寝てたのですがある朝、二匹がドアをガリガリとします。

なんだろうとドアを開けるともの凄い勢いで私のところにやってきました・・

でも私のところではなく・・・

なんとマイナスイオンシートの上にでした(ちょっと残念・・・)

ベッドの上にジャンプしてベタ~、のぺ~っと二匹でお腹を上にして伸び出しました。

これがその時の写真です。あんまりおかしいので携帯で写真を撮りました。↓

Neko1

←クリックすると拡大します。

これこそ、猫もまっしぐらでした(笑)

布団の上にべた~~~っと毛をこすりつけています。

我に返って(あ、布団が毛だらけになる~)

「ちょっと~~~~~!ダメでしょう!」と怒ったら・・・

Pic_0041 ← あ、反省しちゃった。

ごめん。ごめん。大きな声で怒ったからだね。

後ろの猫ちゃんはおとぼけ上手で余裕のかまえ(笑)

それで試しにマイナスイオンシートの場所を変えてみると、マイナスイオンシートを置いたその部屋のドアを今度はガリガリするようになりました。

これじゃ、部屋が傷だらけになってしまう~。仕方がないので当時のミニタイプを猫にあげました。

右側の小さい猫ちゃんは家の近所の迷い猫でした。出逢ってすぐ病院に連れていくと猫エイズだということがわかりました。時々、朝方引きつけを起こし、食事も吐きます。

病院からはいつ、死んでもおかしくない、諦めて下さいと言われており、どうすることも出来ないでいました。薬をあげても吐いてしまいます。

また、飼い主も薬漬けでしたので(笑)、これは私のストレスを猫も感じているんだと思い、一緒になって食事療法をしました。

何とか、猫も自分もこの状態から、元の健康な自分に戻りたいと思い、じっとしてられなくて、毎日、このミニのマイナスイオンシートの上でマッサージをしていました。

氣康を習い出した頃でしたのでせっせと猫に氣を送り、話しかけていると、猫の引きつけがなくなりました。私と出会ってから9年間生きました。出逢った頃が3、4歳(病院ー推定)ですから、長生きしました。

そういえば、自宅に見えていた人にこのシートを隠して座らせると皆、すぐ眠くなるようでちょっとオモシロかったです(笑)

新しく出来たビックリ感動シートが出来た時もその猫たちと共に暮らす父に送るとまた、猫がシートから離れなくて困った(笑)と父から連絡がきました。

そして喘息持ちの妹と無呼吸症候群の妹の旦那さんにも送りました。頑固で絶対人の話をきかない妹でしたが「最近、何も起きへんで?」とシートを愛用するようになりました。

今では私は病院に行くことも残念ながら(笑)ありません。

6年間は医者にかかっていません。風邪は3年ひいていません。

一度、急激に太ったりしたので(立ち仕事から、座り仕事になったせい?)検査には行ったりしましたがいつも健康そのものです!と、言われます。

昔の病気の話をしても信じてもらえないくらい健康体です。

人間変わるものです。

自分が変わると自然と周りも変わってきます。

変わるというよりは本来の自分に返るという言葉の方が好きです。

昔の知人に会うと別人なので本当に驚かれます。

今から十年以上前には癌にもなったことがありました。

当時も白血病だったけど、自力で克服したある○○学博士の授業をいつも受けていたのでこれはチャンス!と思い、先生の授業を真面目に出席し、勉強してせっせといろんなことをしました。

仕事でお客様に食事のアドバイスをする自分が病気になるなんて~~~~とショックでしたがお陰で克服出来ました。

分厚いカルテをめくってめくってお医者様が「何かの間違いだったのか?」と当時の担当医の記録を確かめていたのを覚えています。

病院にかかるな、病院に行くな、薬を飲むなということではありません。

体からのサインに自分で気がついてほしいということです。

それから、健康オタクでいましたが常に心配したり、自分を責めることはそういうものを引き寄せているということを知りました。

無意識に何かの責任を自分にあると思ったり、それは外にあると思ったり。

確かに目の前に起きていることは自分にとってはとても大変なことです。

大変なことが起こった時にそれをどう感じるかで結果は違うと思います。

長年身に付いた習慣や思う癖はそう簡単にはいかない!と一般的に多くの人はいいますし、思います。

でもちょっと待って?

そう思うということは自分でよくなろうと思っていないと同じだと思いました。

私が当時、自分に問いかけていた質問です。

その人の寿命や天命もあると思いますが、よくならない可能性なんて自分で決めているのではないかな?なんて思います。

また、良くないことを引き寄せるから心配してはいけない、○○してはいけないと思ったり決めつけることもなくなりました。

癌になって事故にも遭って、病気にもなって何度も何度も繰り返しました。自分を見つめる作業。

原因を追及するのではなく、自分は本当はどうしたいのかということにフォーカスし続けました。

癌患者の会、事故被害者の会、食事療法、いろんなところに当時は出向きました。

ですがやはり、思うのは自然体が一番です。

自分らしくあることだと思いました。ニュートラルであることです。

思いや行動が傾いていると、私の場合は時々体感が違います。

ビックリ感動シートはそんなことを教えてくれました。

だから大好きです。旅行には最初の薄い生地のタイプを持って行きます。

今年初めにもこのビックリ感動シートの開発者、メーカーの(株)マインドフィットネスさんの小橋社長にお会いしました。

時々、東京での出展イベントにスタッフとして私はお手伝いしています。健康博での開発中のサポーターをしているところです。

Bkspink

これは試作品です。





マイナスイオンを計るメーターを手にいろんな業者さんが驚いていました。

「本当にマイナスイオンが大量に出てるんですね!?」と言われました。

「そうなんです。着けたら、もっとわかりますよ」と業者さんの足首に黒い足首用を着けてさしあげました。

すると、業者さんが足が軽くなったと大笑いしだしました。私も一緒に大笑い。

たちまち、マインドフィットネスさんのブースは出展者の憩いの場となりました。

毎回、お手伝いに行くとそうなんです。

立ちっぱなしで3日間出展していると皆さん足がパンパンになってむくんだり、痛くなったりするのでその場で体感されてどんどん、商品がなくなります。

今日、このサポーターの波動測定値が送られてきました。

編集して掲載したいと思います。

はじめから、ちょっとヘビーな(重たい内容)になってしまいましたが・・・

今の私の体はビックリ感動シリーズでとても軽いです(笑)happy01

ネット作業の時は首と手首と腰と足首に完全装着しています。

うっかり忘れて仕事していると、あちこち冷えてたり、変な姿勢の癖でいることに気がつきます。

サポーターはずっと着けていると感覚が当たり前になって慣れてしまって、効いてるのか?なんて思うこともありますが座ってモニターに向かって仕事をしていると特に着けてない時との差がわかります。

これからの季節、(今はまだ少し肌寒いですが)室内で冷房が効いているところでは助っ人となります。

先日、ジムで測定をしてもらいました。基礎代謝が平均年齢を上まっており、運動をずっとしてないのに男性並に筋肉量があるのでインストラクターの方に大変、驚かれてしまいました。というか、大笑いです(男性並に?)

元々、鍛えていたので筋肉質なんですが妙に腕ばかりがいつの間にか筋肉が発達しておりました。

これからは女性らしくなるよう(笑)、トレーニングしていこうと思います。

これからも宜しくお願いします。

新作のビックリ感動サポーターの肩・首専用、手首専用の体験談を毎日いただいております。

一度、まとめてブログへ掲載します。

次回は梅雨時にちなんでニコニコダルマクラブの美味しい物シリーズをレポートします。

ただ今、素材を仕込み中です。

******************************************************

お名前を使用させていただいた方のリンクです。

イソカワ治療院 五十川先生

イソカワ式氣康法 飯田橋氣康院、津田沼治療院

以前、ニコニコダルマクラブの特別会員の資料に写真が写っていた先生です。



*****************************************************

(株)マインドフィットネス 小橋社長

心と体の健康コンサルティング 

「試してナットク」(旧超特急ちょうあんしん)不思議セラミックなど、ニコニコダルマクラブでは皆さんが知っている数々の素晴らしい商品を作っているメーカーさんです。

ビックリ感動シリーズ一覧 商品についてはこちらへ

*******************************************************

cuteここでの私の体験談は事実に基づいたものです。

私の場合には周りに指導下さる、薬以外の方法を実践するお医者様や各界の先生方が周りにいたことから自己責任の元で行ったものです。

それらを推奨するものではありません。

自分の確かな目でご判断下さい。

よくなるのは自分次第です。

病気になると病気になった人でしか理解出来ないこともありますし、周りの人も大変です。ですが私は病気は悪ではないと思います。

敵だ!戦うぞ!悪者め!では病気の元は猛反発するような気がします。

病や不調、心の不安は

私たちに大切な何かを気付かせてくれる出来事の一つです。

そして自分の本当の心の声を聞いてあげること、自分を受け入れること、自分を愛することです。

病や迷いは何故自分が生まれてきたかということを思い出す為の作業のはじまりです。

人生には楽しむ為のヒントが目の前にいくつも転がっています。

私は怪我をして痛いと思った時、自分に「ありがとう」って言います。

食べ過ぎてお腹を壊した時にも自分に「愛しています」と言います。

私が元氣になる魔法の言葉です。

*********************************

愛と感謝をこめて

ニコニコダルマクラブ・ハーモニック

新保淳子

********************************

ニコニコダルマクラブのブログは引越しました。heart02

新しいアドレスは

こちらになります。

http://niko2darumaclub.cocolog-nifty.com/

|